★1月号★12/25発売★


by monmiya-st
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

“妖精の街うつのみや”をハープの音色とともに

こんにちは。はなつーです。
昨年までmonmiya内で告知させていただいている
「ケルティックハープの調べ」が、今年も再演されると
ご連絡をいただき、取材に行ってきました。

このイベントは文化ボランティアとして活動する秋元さんの企画案をきっかけに、
行政と市民が力を合わせ実現した“ケルティックハープ”のコンサートです。
2年前、集客数200名を超える好評を受け、さらにパワーアップした今回は、
特別ゲストで、朗読家の青木ひろこさんの出演もあります。
f0187981_1250642.jpg

ハープの演奏者は、日本におけるケルティックハープの第一人者として著名な東京在住の
男性ハープ奏者、坂上真清さんです。また、ハープの調べに乗せて朗読家 青木ひろこさん
のゲスト出演により「妖精のおくりもの」の物語の朗読もあります。

ケルティックハープとは…現代主流のハープはナイロン弦なのに対して、
金属弦が張られているハープ。澄んだやさしい音色が特徴のハープです。

ケルトとは、ヨーロッパの先住民族の総称で、特にアイルランドやスコットランド、ウェールズなどを
指します。「ハープ」はアイルランドの民族の象徴となる楽器、妖精のふるさともアイルランドです。
ここで“妖精”と“ハープ”と“ケルト”というのは深いつながりがあるのがわかりますね。
当日はこの関わりについてのお話もあります。

今回取材で訪れたのは、07年7月の開館以来、
来館者が10万人を突破した「うつのみや妖精ミュージアム」。
f0187981_1250567.jpg
(写真左)宇都宮市教育委員会 文化課文化振興グループ
主事 若菜ひとみさん

「なかなか聴くことができない
ケルティックハープの生演奏に
加え、文化ボランティアとして
活躍する秋元さんのおかげで、
さらに青木ひろこさんの朗読を
加えた盛りだくさんの内容に
期待してほしいです」


(写真中央)妖精ミュージアムスタッフ 三村智美(さとみ)さん
「今回は“妖精の街 うつのみや”としても特につながりの深い
コンサート。“借り暮らしのアリエッティ”でも話題になりましたが、
あの妖精の不思議な世界をハープの音色にのせて体感してもらいたいです」

(写真右)宇都宮市文化ボランティア 秋元恭子さん

ところで…秋元さんの務める“文化ボランティア”とは、
どんな人たちのことなのかと言うと、市から承認を受けていて、
自ら文化・芸術に親しみながら「妖精ミュージアム」を
拠点に、演奏会や読みきかせ、展覧会、講演会等、
さまざまな企画、運営、サポートなどをボランティアで活動しているんです。

来年、3期生の募集があるそうです。若菜さんは「個人として実現できないことでも、
行政といっしょなら実現させることも可能です。学生さんからぜひ興味をもってもらい、
人と人、人と地域をつなぐ架け橋として活躍してもらいたい」とお話してくれました。

さて、話はもどりますが…
コンサート詳細です。
ケルト音楽とお話に癒されるのんびりと時間を過ごしください。

「ケルティックハープの調べ」

■開催日時:3月26日(土)→ ※延期開催となりました。日程等詳細は問い合わせを。
 震災復興支援チャリティーコンサートを予定。

 PM2:00~PM3:30(開場PM1:30)
■会場 宇都宮美術館 講義室ホール
 (宇都宮市長岡町1077)
■料金 コンサート入場は無料
■曲目 大きい妖精小さい妖精、
庭の千草、リトル・アニータ、
教会残照、他
ゲスト出演 青木ひろこ(朗読家)
による アンドルー・ラング作
「妖精の贈り物」のコラボあり。
f0187981_1255225.jpg3月31日(木)まで宇都宮美術館ミュージアムショップで坂上真清さんのCDを販売しています。
井村君江さんの著書「ケルトの木の知恵」などは常時取り扱い商品です。
■問い合わせ
うつのみや妖精ミュージアム
TEL 028-616-1573
※宇都宮美術館の入館料不要でご入場いただけます。
※事前申込不要。当日会場へお越しください。
[PR]
by monmiya-st | 2011-03-04 17:05